自動で記事を更新するツール「ホームページ自動記事更新プログラム」

自動記事更新プログラム

サイトは更新頻度が高いほど検索エンジンに高評価を得るということを聞いたことはありませんか? だけどそんなにしょっちゅう更新なんてできないですよね!?
そんな時間もないし、ましてやブログでもないのに毎日更新するようなネタもなし。
サイトを立ち上げた時には検索結果も高順位だったのに、そうこうしているうちにどんどん順位が下がっていった経験はありませんか?

SEO対策としてサテライトサイトを沢山作ったはいいが、作りっぱなしでは検索エンジンロボットが巡回してくれないので、全く効果がなくなってしまう。
かといって、IPアドレス分散目的でいろんなサーバーに分散していて、しかも数が半端じゃない!! とてもじゃないが毎日更新なんてしてられない。

そんな方のために登場したのがこの 自動記事更新プログラム です。

「自動記事更新プログラム」とは?

「自動記事更新プログラム」とは? RSS を読み込んで最新の記事をホームページに表示します。

通常RSS 記事を表示するには iframe タグを使って外部ページを表示させますが、今後 iframe タグは禁止されたり、スパム対策として表示されなくなるブラウザ等が出てくることが予想されます。
このプログラムは、iframe タグを使用しないで お好きな RSS 記事を希望の件数で表示する ことができます。

しかも 静的ページを生成します ので、SEO 的にも効果があります。
(実際にファイルに記事を書き込みますので、検索ロボットも更新されたことを認識します)

RSS サイトを指定することで変な記事が表示されることなく、質の良いサイトを保つことができます。Yahoo! ニュースなどを表示すると良いでしょう。

また、 キーワードを指定して自動でRSS 情報を取得 してくることもできます。
日付順、または関連性の高い順を指定して取得することができます。

記事が更新されていれば、アクセスするたびにページが更新されます。

自動記事更新

ブラウザの表示だけではなく、実際にファイルが書き換わります。

ファイルが書き換わります

もちろんタイムスタンプも更新されます。

タイムスタンプも更新

ホームページの仕組みと更新頻度が高い場合の効果

サーバーに URL を送信(リクエスト)すると、保存されている HTML ファイルのデータをそのまま返します。
クライアント PC もそのままブラウザに表示します。

検索エンジンロボットも同じ仕組みでデータを要求、取得しますが、ブラウザに表示されたデータ(図1- C)ではなくサーバーから返ってきたレスポンスデータ(図1- B)を取得します。
その時にファイルの最終更新日時(ファイルをアップした日時)も取得します。
検索エンジンでは HTML データが前回のものと違っていれば更新されたと判断していますが、おそらくファイルの最終更新日も判断材料にしていると思われます。

もし頻繁に更新されていたとしたら・・・
[更新頻度が高い] => [クローラーが頻繁に訪れる] => [優良サイトである] => [検索順位がアップする]
という効果が期待できるのです。
HTMLの仕組み(通常)
しかし、毎日ページを更新して FTP 転送するのは大変です。サイトを沢山持っているとなおさらです。
そこで自動で記事を表示させるということになるのですが、簡単なのが Javascript を利用する方法です。
これはクライアントサイドアプリケーションといって、ブラウザの機能で表示内容を変化させる仕組みです。
この方法で確かに訪問者には内容が変わって見えますが、検索エンジンロボットは図2- B を取得するので、内容が変わったと判断されません。
HTMLの仕組み(クライアントサイドアプリケーション)
ちょっと知識が必要ですが、PHP や CGI、ASP.NET などのサーバーサイドアプリケーションを使う方法があります。
これだとサーバー側で内容を書き換えたデータが送信されるので、検索エンジンロボットも内容が変わったと判断してくれます。
しかし、サーバーにアップしているファイル自体は更新されていないので、タイムスタンプは更新されていません。
HTMLの仕組み(サーバーサイドアプリケーション)

★ そこで「自動記事更新プログラム」の登場です ★

ファイルもタイムスタンプも更新されるので、手動で更新ファイルをアップロードした場合と全く同じになります。
しかもユーザーであろうがロボットであろうが、誰かがアクセスするたびに自動で更新されるようになるのです。
想像してみて下さい。検索エンジンロボットを呼び込む目的だけの為に更新作業をする必要がなくなるのです。
HTMLの仕組み(自動記事更新プログラム)

「自動記事更新プログラム」はここが違う!

ファイルが実際に書き換わることで、検索ロボットもページが更新されたことを認識します。

タイムスタンプも更新されることで手動で更新した時と同じ状態になり、スパムになりにくくなります。

「自動記事更新プログラム」はここが違う!

ページによって、表示する記事数を変更できます。

・RSS、またはAtom の URL を直接指定する
・キーワードを指定して記事を取得する
 取得先を下記から指定できます。
 ・Yahoo! ブログ検索
 ・Google ブログ検索
 ・Yahoo! ニュース検索
 ・Yahoo! News 検索(英語)

PHP版を新たに追加しました。
・RSS、またはAtom の URL を直接指定する
・キーワードを指定して記事を取得する
 取得先を下記から指定できます。
 ・Twitterの発言検索
 ・Twitterの特定ユーザーの発言
 ・Yahoo! ブログ検索
 ・Google ブログ検索
 ・Yahoo! ニュース検索
 ・Google ニュース検索
 ・Yahoo! News 検索(英語)
 ・Google News 検索(英語)

検索ロボットが来るたびに必ず更新されているというのは不自然です。
前回の更新から指定した時間が経過していない場合は更新しないとという設定ができます。
(当然毎回更新することもできます)

悪意のあるユーザーが他サイトからアクセスし、不当な記事を書き込む行為を防げます。

アンカータグ(リンクタグ)に 「 target="_blank" 」を付加する、付加しないが指定できます。

nofollow を付加することで、検索ロボットに対してリンク情報を無効にできます。

ファイルを読み書きする時にロックをかけていますので、同時アクセスがあった場合もファイル破損を防げます。
※ 但し、ファイルロックも完全とは限りませんので、バックアップを取っておかれることをお勧めします。

スタイルシートを使って、サイトに合わせたデザインにできます。
※ スタイルシートに関する知識が必要になります。

「自動記事更新プログラム CGI版」の動作環境

「自動記事更新プログラム」の動作環境

1.perl 5.8 以上が実行できる
2.Jcode.pm がインストールされている
   Jcode.pm を使わないバージョンも用意しました。
3.LWP::Simple モジュールが使用できる
   LWP モジュールを使わないバージョンも用意しました。

・さくら インターネット
・シーサイドネット
・KC HOSTING
・VALUE DOMAIN
・Xサーバー
・ロリポップ
・1.MAN.NET
・80code.comホスティング
・DXBEAT
・KAGOYA

「自動記事更新プログラム PHP版」を新たに追加

上記 CGI版に加え、新たに PHP版もご利用頂けるようになりました。
PHP版では新たに Twitterのツイートを取得できるようになった他、取得した記事が前回と同じ場合、更新しないようになっています。 つまり、更新されていないのにファイルのタイムスタンプだけ新しくなるということがなくなりました。

・RSS、またはAtom の URL を直接指定する
・キーワードを指定して記事を取得する
 取得先を下記から指定できます。
 ・Twitterの発言検索
 ・Twitterの特定ユーザーの発言
 ・Yahoo! ブログ検索
 ・Google ブログ検索
 ・Yahoo! ニュース検索
 ・Google ニュース検索
 ・Yahoo! News 検索(英語)
 ・Google News 検索(英語)

■ 動作環境

PHP 5 が利用できるサーバー

SEO に関するニュース記事(設置例)

SEOをデータサイエンスで効率化する「データドリブンSEO」誌上ワークショップ
7月6日(水) 12時1分
…した施策が「データドリブンSEO」だ。今回は、電通デジタルの吉田初氏とデータアーティストの山本覚氏によるデータドリブンSEOのプロセスを誌上ワークショ…
コンテンツマーケティング時代になぜオウンドメディアが必要なのか。
2015年4月11日(土) 16時47分
…を得なくなった。 Googleがネット業界の覇者になって以来、長らくSEO/SEMがインターネットマーケティングの軸となってきたが、現在のインターネッ…
Googleが検索アルゴリズムをまた突然変更したようです
2013年9月27日(金) 12時6分
…!」です。 出典: SEO JUMP 「メリットは無い」「僕たちにとって嬉しくない状況が発生したことは疑いようのない事実」「SEO対策を取りづらくなる…
Googleが検索アルゴリズムを近々変更するそうで、皆さまおつかれさまです
2013年5月13日(月) 13時58分
…は数週間以内と明らかに (SEMリサーチ 2013/5/11) Google、大規模なペンギンアップデートを数週間後に発動と予告 (SEO Japan 2013/5/12)…

※ Yahoo! ニュースサイトを「SEO」で検索した結果を表示しています。
※ 更新間隔を24時間に設定していますので、更新しても記事はすぐには変わりません

「自動記事更新プログラム」に関する FAQ

質問1 設置すると検索順位が上がりますか?
回答1 検索順位アップを保証するものではありません。あくまでもクローラーを頻繁に呼び込むことを目的にしたツールです。但し、結果として SEO 効果があると予想されます。
メインサイトに使用しても良いですし、被リンク用のサテライトサイト等に使用するとより効果を発揮すると思います。
質問2 ブログや無料レンタルサーバーでも設置できますか?
回答2 通常のウェブサイトの静的ページに記事を挿入するツールですので、仮に CGI が利用できたとしても投稿で上書きされてしまいますのでブログには利用できません。
通常のウェブサイトであれば無料、有料を問わず、独自 CGI が利用可能で後述の動作環境を満たしていれば利用できます。
質問3 まったくの初心者ですが、そんな私でも設置できますか?
回答3 設定、及び設置はとても簡単ですが、FTP 転送ソフトを使って手動でファイルをアップロードする必要がありますので、ある程度の知識は必要です。但し、不明点や設置上困った場合は、メールにてサポート致します。
また、初心者でも簡単に設定できるようにツールを作成しました。いろいろなページに設置する場合もラクラクできます。
質問4 以前他社の CGI ツールでファイルが破損したことがあるのですが・・・。
回答4 ファイルの読込、書込時にはファイルをロックしていますので、同時アクセスでファイルを破損することはありません。
但し、ファイルロックも完全とは限りませんので、バックアップを取っておかれることをお勧めします。
質問5 ページを自動作成するツールですか?
回答5 ページ作成ツールではありません。既にあるページに関連記事を数行挿入するツールです。
使い方によってはページを作成することができますが、ペナルティを受ける可能性が高くなりますのでお勧めできません。(既存ページに数行(3 〜 5 行程度)挿入する使い方をお勧めします)

特典

メールサポート

ツールの使い方で分からないことがありましたらメールにてサポート致します。(お買上後30日以内)
ご購入後、すぐに使わない場合もあると思いますので期限は設けません。
不明点がありましたら、お気軽にメールにてお問い合わせ下さい。

A様からのメール
メールサポート1

B様からのメール
メールサポート2

設定ツールの無償提供

設定ツールCGI 設置 URL と表示するページの URL を入力。
キーワードを入力して「作成」ボタンをクリックするだけで、設定ファイルもページ貼り付けタグも自動生成。

後はページに貼り付けるだけ。
相対リンクがなんだか分からなくてもへっちゃら!!

初心者でも簡単に設置できちゃいます。

また、ボタンをクリックしてページに貼り付けるだけなので、作業効率もアップします。

但し、Windows 専用ソフトなので、マックユーザーの方はごめんなさい。 m(_ _)m

タイムスタンプ自動更新CGIプログラム Ver.0.1.0

タイムスタンプ自動更新CGIプログラム 上記「ホームページの仕組みと更新頻度が高い場合の効果」で書いたとおり PHP 等で動的に記事を更新していても、タイムスタンプは更新されません。

本プログラムは、自動でFTPサーバーのファイルのタイムスタンプ(アクセス日時、更新日時)を書き換えるCGI(Perlプログラム)です。
ホームページを誰かが閲覧するだけで、アクセス日時と更新日時が表示された日時に自動で更新されます。これは検索エンジンロボットがアクセスしても同じく更新されます。

「情報商材レビュー研究会」の会員様にレビューして頂きました

艶やかな月見草様
艶やかな月見草様

更新頻度はページランクなどに、直に影響します。

これまでブログの自動更新ツールはいくつか販売されていましたが、ホームページを自動更新するツールは、珍しいのではないでしょうか。

さっそく試してみたところ、簡単に設置でき、RSSで取得したデータが、ホームページ上に反映されました。

いい感じです!
活用できるツールであることは、間違いありません。

RSSの取得先は、Yahoo! ブログ検索・Google ブログ検索・Yahoo! ニュース検索・Yahoo! News 検索(英語)の4つです。
(その他、直接 RSS ページを指定することもできます)

ツール自体はとても扱いやすく、自動更新という目的をかなえるには、十分な機能を有しています。

cgiにふれたことがない場合は、設置に苦労するように感じました。
(初心者でも簡単に設定できるように設定ツールを作成しましたので安心して下さい)

逆に、ある程度cgiについて理解している方は、サクサクと思うように動かすことができます。

これで1万円を切っているのですから、お買い得ツールだと思いますよ。

※赤字は私からのコメント(注釈)です。
InfoTown様
InfoTown様

まず販売者の金谷さんは、賢威のサポーターとしてお世話になったり、また他の商材であるサイトマップメーカーでもサポート、頻繁なバージョンアップと入手前から信頼のおける人だと思っていました。
このホームページ自動記事更新プログラムでもさっそくのバージョンアップがあり、購入者側になった、売りっぱなしではない姿勢に好感が持てました。

さて肝心の内容ですが、RSSを読み込んでHTMLを書き換え(サイトの更新)、そして最近重要視されているタイムスタンプも更新されます。
つまりほったらかしで自動的に更新してくれます。

私が検証した訳ではないので、人様の言葉を借りますが、某SEOに精通している人は(実際は検索エンジン側でした効果があるかどうか分からないが)検証の結果あると言っています。
ということはこの商材も効果がるのでしょう。
私も設置してから時間があまり経っていないので、効果は出ていませんが、今後効果が見えてくると思っていますし、頻繁に更新しているサイトはSEO的に評価が高いというサイトの説明も説得力があると思います。

私はメインサイトにも設置しましたが、メインサイトにリンクを送る衛星サイトにも設置して効果を検証してみたいと思います。

設置は初心者には分かり難いかもしれませんが、遅かれ早かれこれらの知識は必要になるので覚えておいた方が良いでしょう。
メールサポートもついていますし受け答えも早い方なので、初心者の方はどんどん利用されてみては如何でしょうか。

備考欄: 私が検証した訳ではないので、人様の言葉を借りますが、某塾や某SEOに精通している人は(実際は検索エンジン側でしか効果があるかどうか分からないが検証の結果あると言っている)某同様の商材を絶賛しています。
ということはこの商材も効果がるのでしょう。
値段も某商材に比べ安いですしね(笑
ごぶりん様
ごぶりん様

本商材は、HTML(XHTML)にて作成したページへRSS記事を取り込むサーバ設置型のCGIプログラムです。

現在発売されているツールの一般的なRSS取り込み方法はiframeタグを利用します。

つまり、ある一部分に差込表示を行うイメージとなります。

本商材はこの仕掛けの部分が、他商材と異なります。

完全に元となるHTMLを書き換えるイメージとなります。

その為、ファイルのタイムスタンプも変更され、検索エンジンに更新と認識させる仕組みとなります。


RSSの取り込み方法は2種類あります。

1つは、RSSサイトを指定しての取り込みでもうひとつは、キーワードを指定しての検索エンジンからの取り込みで、以下の検索エンジンに対応されています。

・Yahoo! ブログ検索
・Google ブログ検索
・Yahoo! ニュース
・Yahoo! News(英語)


配布して頂いた時は、初心者には設定が難しいなろうな〜と思っておりましたが、昨日バージョンアップされました。
そのバージョンアップの内容で、CGI側の初期ファイルの作成及び、HTML側へ書くタグの生成を行ってくれるツールが付きました
これで、初心者の方でも簡単に使いこなす事ができると思います。

本商材の作者さんは、金谷さんです。

金谷さんと言えば、Sitemap Maker Proを販売されている方です
※情報商材レビュー研究会へも過去提供頂き、 私もレビューしました。

そのSitemap Makerには、RSSファイルを作成(HTMLサイトのRSSファイルを作成するほうです)とping送信機能もあります。


この「ホームページ自動記事更新プログラム」で記事を更新して、Sitemap Makerの機能を用いて、RSSの作成/PING送信とあわせ技の利用が有効的ではないかと思います。
yama様
yama様

ちょっとかわった発想のCGIツールです。

通常は動的ページはCGIとして高速なPHPを使ったりするのですが、(mod_perlを使えばperlだった早いもん、という話はおいておいて 笑)こういう使い方ならperlでもまったく問題ないです。

僕もperl使いなので、猫も杓子もphpな現状にちょっと寂しく思っていたので、ちょっと嬉しくもあります(笑

世の中、動的ページはPHPしかない、とこだわりすぎな感じがあります。
実はちょっぴり似たことを考えていたので、どんな発想をしたのかとてもよくわかります。

ただし
更新される記事がRSSというところがちょっぴり誤解を受けるかもしれません。

あーまだRSSで自動更新なのかーと・・・

しかしこの考え方の面白さは、そんなところではありません。

このツールの要は
通常静的である筈のHTMLのページをツールが更新してしまう、ところです。

よくSEO的には更新が頻繁でなければならない、ということを言われます。
では、perlか何かのツールで、htmlのサイトを勝手に更新してくれたら、どうなんだ?
ということだと思います。

発想は面白いし、いろいろ可能性を感じます。

ただ、コレでほんとに効果があったかどうか?というところが不明な点が気になります。

このツールによって、コレだけ儲かった。
このツールでこんなサイトを量産しました!

のようなひきつけるものが欲しいですね・・・。
(儲かった系のデータはいくらでも偽装できますので敢えて載せていません。また、短期で効果の出るタイプのツールではありませんので長期にわたってじわじわと効いてきます。)


というのもファイルが更新されないと、検索上位から消える。。。と言い切ってしまっているのですが、僕はまったく更新してないけど、未だに割と上位にいつづけるサイトを持っています。

まったく更新していませんがグーグルのクロール履歴を見ると最近ですので、ファイルが新しくなっていなくてもどうやらクロールされるようです。。。
(誤解を受ける記述だったので修正しました。サテライトサイトなどで内容があまり濃くない量産サイトのことを言っていました。)


ツール自体は使いこなしが難しいかもしれません。

あとから補助ツールをメールして頂いて、そちらも試させていただいて、だいぶ楽になっていますが、もうすこしCGIとしてのUIを何とかしてもらえるといいなあとおもいます。

もうすこし敷居を下げて、誰でも使えるような使いこなしマニュアル?
または、
コレでどのように稼ぐか?というようなマニュアルがあると、凄く良いなと思います。
(設定ツールで初心者でも簡単に設置できたという声を沢山頂いていますし、不明点はメールにてサポートしますので、安心してお申し込み下さい。応用マニュアルは申し訳ありませんがありません。)

※赤字は私からのコメント(注釈)です。
しん様
しん様

検索エンジンに好かれるために、サイトの更新は不可欠といわれていますが、このツールはそれを自動で行うツールになります。

アクセスがあるたびに、RSSを読み込んで、指定のHTMLを勝手に更新してくれるので、一度設定してしまえば、あとはほったらかしで、更新が行われます。

更新内容は、以下から選択可能です。
・RSS、またはAtomの直接指定
・Yahooブログ検索
・Googleブログ検索
・Yahooニュース
・Yahoo!News(英語)


サーバ設置型のツールなので、ある程度知識がないと設置が難しいかもしれません。

また、同じサーバにあるファイルしか更新できないと思いますので、ちょっと使い道が限られる部分もありますが、ある程度知識のある方には、間単に設置できるツールですので、有効活用することができると思います。
(設定ツールを作成しましたので、初心者でも簡単に設置できるようになりました)

使い始めてあまり時間がたってませんので、実際の検索エンジン対策の効果はまだ出ていませんが、日々更新されれば、効果は出て行くのかなと思ってます。

※赤字は私からのコメント(注釈)です。
販売終了しました。